2010年03月07日

休み

今日は完全休養日に充てました。
しばらく体調不良でしたから、家から出かけず、うちの3才の坊主と1日遊んでいました。酒造りと子育てはよく例え話や比較の対象にされますが、私は言いえて妙だと心から思います。いま、ちょっと思い立って細菌や微生物に関する本も読んでいますが、発酵は化学であると同時に、私は良い酒を醸せた際なんかは時折「神の啓示」かなんかを感じる事があります。
ま、少々大げさではありますがね。でも、かくに日本酒とは奥が深いものであります。
さて、ちはらさきさんの歌う「雪の花」がSTVラジオのオリコンにて、なんと3位にまでなりました。良い歌なので売れれば良いなとはずっと一年前から思ってはいましたが、にしても快挙です。こうなれば頑張って1位になって欲しいです。


posted by 池田さん at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

no-title

2月の私はもうボロボロでした。
雪あかりの路のイベントもつつがなく終えて一息つけるかなと思った矢先に、梯子から落ちて胸と顎を打ち、痛みがかなり長い間ひきませんでした。そして体力が弱ってるところに、物もらいまでできて眼科通い。さらには風邪もひき、ウイルス性の胃腸炎ときたものです。
その間にも仕事は待ってくれるわけもなく、怒涛のような作業をやってはいました。
誰も褒めてくれる人がいないので「偉いぞ、俺」と自らに言い聞かせて頑張っていました(苦笑)
3月は新学期にむけ卒業式や転勤なんかでの送別会なんかがありお酒も飲む機会も増えて日本酒も少しずつ動いてゆきます。体調はまだまだですが、気力で乗り切ってゆこうと思っています
posted by 池田さん at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

「に志づか」さんおめでとうございます!

どうも「ひとしずく」を担当している川崎です。
ネット新聞「小樽ジャーナル」上で素晴らしいニュースを発見しました!
私が「ひとしずく」で取材させて頂いた「に志づか」(私はお寿司屋さんと紹介させていただきました)さんに関する記事です。

「鮨・割烹 に志づか」(高島4)の3代目・西塚周平さん(28)が、2月17日(水)に京都で開かれた「第2回日本料理コンペティション決勝大会」(日本料理アカデミー主催)で優勝し、全国の和食料理人の頂点に立った。
http://otaru-journal.com/2010/02/0222-1.php

という内容の記事です。私も取材で三代目に一度お会いしたことがあり、そのとき一目で「只者ではない」と直感しました!!・・・というのは嘘で、私にそのような優れた直感があるわけはないのですが、
とにかく、二代目、奥様ともにとても優しげな方達で、得体の知れまい私のような者に快く写真を撮らせていただいたことが、強く印象に残っています。ありがとうございました。

なんだか、とても喜ばしいのです!「第2回日本料理コンペティション決勝大会」優勝おめでとうございます!!

スカーレットが板前修業先に選んだのも当然だったのですね・・・最後にグッドニュースに便乗して「ひとしずく」の宣伝をさせていただく、愚かな私。
では。
posted by 池田さん at 00:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

雪あかり

どうも「ひとしずく」を描いている川崎です。
今日は雪の花酒造の、雪あかりの路イベントに参加しています。
雪あかりの路は、手宮鉄道などの主要な観光地域の路を、ローソクの光で照らして、幻想的な雰囲気を演出します。
ローソクで照らされた路はここ雪の花まで伸びているのです。
雪あかりの路は、晴れている日はロマンチックで素敵なのですが、ひどく吹雪いた場合には、灯台のような道標の役目をはたすという良い点があります(笑)。

100210_1842~0001.jpg

蔵の中では、販売は勿論、甘酒の振舞いや試飲コーナーがあります。
皆さん甘酒を呑んで暖まり、にごり酒や梅酒等の試飲でほっくりした表情に変わります。
見ていてもなんだか喜ばしいものです。
アットホームな感じで、私もいくらか呑みながら、楽しんでおります。

あとそういえば「ひとしずく」第十話アップしましたのでご覧ください。では。
posted by 池田さん at 19:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

雪の花

今月のSTVラジオの推薦曲に、ちはらさきさんの歌う「雪の花」が選ばれています。
一昨年になりますか、ちはらさんが雪の花酒造を訪れて、プロモーションビデオを撮ったりしてたのを思い出します。その時から、フレーズも覚えやすく耳に残る、良い歌だなと思っていました。雪の花では蔵祭りなどのイベント毎に、カラオケで客出しの歌なんかに使わせてもらっております。作曲が、みのや雅彦氏で私は面識はありませんが、よく昔プロレス会場なんかで何度もお顔はみたことがあり、個人的に親しみを持っています(笑)
ちなみに、彼の名曲「夢しかなかった」も心に染み入る良い歌です。引っ越した時か紛失してしまいましたが、CDも持っていました。
STVラジオからブレイクする歌は多いので是非ともちはらさんにはメジャーになって欲しいです。
さて、ここ数日は本当に激寒波で、作業していてめ震えが止まりません。来週からの雪あかりの路の雪像とキャンドル作り、やれるのか心配です。
posted by 池田さん at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

寒い、寒〜い!

今日の小樽は寒波到来で、蔵の中で作業していても、震えが来るほどの体感温度しかありませんでした。
私は毎年この冬期間は靴下を二枚履いて、なお長靴のなかにも二枚敷き皮を重ねて作業しています。
この時期で怖いのは水道の凍結です。蔵の中でさえ、今日なんかマイナスしかなかったので、井戸水を備蓄して各場所に連結しているホースもまめに見ていないと、凍れてしまい溶かすのに大変な目にあいます。
夏はひやっとしていて快適な酒蔵ですが、冬はまさに地獄です。でも、この寒さが「低温長期発酵」とゆう雪の花の酒の特色になっているのだと、身を持って感じています。明日は特別本醸造・北の美人の充填です。
posted by 池田さん at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。