2010年07月18日

no-title

17日からの蔵の総売りつくしも2日目が終わりました。
たくさんの方に訪れていただきまして本当に感謝の一言です。
17日当日の北海道新聞の朝刊に「最後の総処分」とゆうことで取り上げてもらったからもう時効なので書きますが、この1年数ヶ月の間、雪の花酒造は支えてくれた、みんなの協力無しにはやれなかった蔵でした。
営業本部長の奥さまには本当にお世話になりました。その明るい性格で、とにも暗くなりがちな男ども3人の中和剤となっていただき、また売店の店長として、本当にたくさんの常連客の人たちを作ってくださいました。
ありがとうございます。
それから、本部長の前の職場の友人の皆さまにも手弁当で何度も来てくださりまして本当にお世話になりました。
雪の花を昨年解雇された皆も、苦しいなか恨みごとのひとつも言わずに頻繁に立ち寄ってくれては、時に手伝ってもらったり、どれだけ心強く感じたことか。
それと、私の親友の昭和不動産の羽角くんには嫌な顔のひとつもせずに何度も呼び出して手伝ってもらって申し訳なかったです。
ひとしずくの川崎先生にはすまない事をしました。
24回までは連載するつもりでいて、一冊の本にして目指せ映画化にしようといつも言っていたのにすまない気持ちでいっぱいです。せっかくこれから起承転結の転に入った物語だったのですがね…
あと、私の盟友の小林にはたくさんこの境遇を愚痴ったとゆうことで一応悪かったと言っておくわ。
その他にも本当にいっぱいの人にお世話になりました。
私はこれだけは声を大にして言いたいと思います。
「こんな蔵、日本中探したって無えよ!」と。
総売りつくしも明日までとなります。
まだ最後まで売る酒はたくさんあります。
雪の花酒造という酒蔵は、ビジネスの利益誘導主義なんか軽く超越した場所でありました。それに殉じる事をあえて受けるが私はそう思い働いていました。
どうぞ皆さま、明日が最後となります。皆さまお誘い あわせのうえお越しくださいませ


posted by 池田さん at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。