2010年05月14日

オッサンの意地

今日、ある作業をしていたら左指に電流が走りまして、なかなか治まらずしばらく中断してしまいました。一瞬「(身体が)あたったか!」とガチで思ってしまいました。
思えば私も40歳。実は30年来の大のプロレスファンでもありますが、長年ずっと観てきて、いま現役で頑張ってるトップ選手の高山善広とか鈴木みのる、佐々木健介、秋山準らとほとんど同世代です。
それでそうしたオッサン選手達が20代や30歳前半のバリバリの若い世代とヘロヘロになりながらも歯を食いしばって戦っているのを見てると、まだまだ俺も頑張らねばなという気持ちになりますね。
雪の花は少数精鋭で部門部門代わりの人間はいないといっていい状態でやっていますから、熱があるとか腰が痛いなんて事も時にはありますが、そんなこんなで気持ちを奮い起こして頑張ってやっております。
ちなみに私の一番のお気に入りレスラーは、やっぱり小橋建太です。 今日のブログは少し話を脱線しました。
そう、実はこないだ川崎先生と一緒にある方にお会いして一時間半ほどお話をしたのですが、 色々と金言を頂戴いたしました。厳しい状況ではありますが、色々と打開して 行こうと思っています。
アントニオ猪木じゃないけど「迷わずいけよ、いけばわかるさ」です


posted by 池田さん at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。