2010年05月12日

遅れています

どうも「ひとしずく」を担当している川崎です。諸事情がありまして、四月にはアップ予定だった11話が遅れております。近々アップしますので、ご勘弁ください!ごめんなさい!
IMG_3682.JPG
さて、私は最近、youtubeで日本まんが昔話をよく見ます。子供のころも観ていたので、始めは、ただ懐かしいなというだけの動機だったのですが、今では創作のヒントとして勉強するつもりで観ています。
特に好きなのは動物が出てくる話です。キツネやらタヌキやらオオカミやら、河童(動物?)やら可愛らしいのがたくさん出てきて、昔の日本は、人間と動物との距離が近かったんだなとほのぼの感じます。
「鶴の恩返し」に代表されるような「恩返し」ものがやはり多いようですが、中には悪ギツネや悪ダヌキを懲らしめるといった内容の話もあります。
時には懲らしめたあげくその動物を殺してしまいます。恐怖や怒りや、ストレスの爆発や悪ノリからで。
そして、相手がよっぽどのワルでないかぎり、たいがい「やりすぎてしまった・・このタヌキも生きるために仕方がなかったんだ・・・。」ということになり、墓を作ったり、あるいは、例えば「タヌキ峠」といった名称を残して、その教訓を忘れないようにします。
私はどうもそういう話が好きなようです。何か大事なことだなと思うのです。
興味のある方は、「まんが日本昔話」ご覧になって欲しいなと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=C07JK2zhwM4
では。


posted by 池田さん at 03:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。