2009年10月30日

大吟醸

今日は大吟醸のビン詰めでした。酒造好適米、吟風の精米度40%
今年は特に香り、味わいともにバランスが取れて、酒造歴十数年の私にとっても、それに藤坂杜氏と組んで二人三脚でこの数年の造りをやっていて、全ての酒においてそれなりに会心の年ではなかったかと思います。
無論、悔いもあありましたが、どの仕事もここでと満足した時点で、もうそれ以上の向上はありませんからね。
酒造りというものは、毎年、色々な意味で考えさせられます。でも酒を醸して、それが自分が納得のゆく出来となり、皆さんに喜んでもらえるならば、何よりのかえがたいものと信じて、この仕事をやっています。「ものづくり」の本質はきっとそこにあるのでしょう。明日は梅酒の充填になりそうです。明日で10月も終わり。光陰矢の如しです


posted by 池田さん at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。