2010年07月13日

no-title

従業員一同、連日、夜遅くまで得意先だった皆さまへの対応と、20日までのせめてものビン詰め作業に追われています。
何より限られた時間の中ですので、もうビンがないなど諸々の問題などでお断りしたお酒の種類もあり、雪の花酒造を今まで支えてくださりました方々には大変ご迷惑をおかけしています。
従業員一同心よりお詫び申し上げます。
廃業の発表から、かなりの反響はありました。
人手が不足しているなか、ありがたい事に何でも手伝いたいと色々と言ってくださる方々がたくさんいらっしゃって、本当に「地獄に仏」とはこの事だなと身に染みて感じております。
今日は私の酒造りの師匠も顔を出してくださいました。
私にはささやかな夢がありました。私がそうであったように、先達から授かったこの酒造りの仕事を次の時代を担うバイタリティとやる気のある若い世代に継承してゆきたいとずっとそう考えていました。
本当に残念です。時間というものが流れてゆく性質のものである以上、街並みも変わってゆくものでしょう。
けれど、ふと立ち止まって考えた時に変わらなくても良かったと後から噛み締める風景も中にはきっとたくさんあるはずです。
雪の花酒造も私はそうであると思っています。
さて、7月17日から3日間、最後の蔵の在庫処分をさせていただきます。
まことに皮肉な事ですが、最後の最後に小樽の皆さまがたや愛飲家の皆さまに雪の花酒造の実力を示す日本酒や梅酒、リキュールを取り揃えております。
これは杜氏だけが作った酒ではありません。
雪の花酒造に携わった全員の結晶である酒です。
日本酒とはなんぞや、
酒蔵とはなんぞや、
雪の花酒造とはなんだったのかをどうぞ確認しに皆さまいらしてください。
ご来場お待ちいたしております


posted by 池田さん at 23:42| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。