2010年05月21日

ニーズあります

今日は千客万来でした。私くらいしか売店でお客様の接待をする人間がいなかったため、昼過ぎから7組ほど応対させていただきました。最初の方は札幌に住んでいるご夫妻。ご主人の方はなんとうちの蔵に50年以上も前に働いていたとゆう紳士でした。機縁を感じました。その後はなんとタクシーで4人組のアメリカ人が乗り込んできて、たじろぎました。私の応対もひとしずくの10話目のサキではないけど、ただ日本語を英語チックにしたようなもので通しました。「ジュンマ〜イ」とか「ダイギンジョー」とかね(笑)でも、良いお酒は万国共通なのか、吟風と彗星の大吟醸と純米原酒を買っていかれました。
それからまたその後は、小樽港に豪華客船が入ったのでしょうか、船で旅行されてるとゆう、博多のご夫妻もいらしてくれました。なんでも、「美味い酒を出してくれる店」と言ったら、タクシーの運転手さんがうちに連れてきたみたいで私は「うちは店屋じゃないんだがなあ」とは思いながらも、ご夫妻は戸惑いながらも30分ほど滞在されて、お酒も送りで買ってくださいました。その他にも常連の方や、スタンプラリーのお客様も来蔵されたり、とっても忙しい1日でした。その合間には興味深い商談の話もあり、日本酒もリキュールも潜在的なファンってまだまだたくさんいるんだなあと改めて感じました。
それをもっと拡大して「小樽に雪の花あり」としてゆきたいとゆうのが、私の野望ですね(おい、大きくでたな〓)
ちなみに本日、部長は道東に行って百名以上の前で蔵元のスピーチです。アドリブの人ですから、上手く話せたか心配です(笑)


posted by 池田さん at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

オッサンの意地

今日、ある作業をしていたら左指に電流が走りまして、なかなか治まらずしばらく中断してしまいました。一瞬「(身体が)あたったか!」とガチで思ってしまいました。
思えば私も40歳。実は30年来の大のプロレスファンでもありますが、長年ずっと観てきて、いま現役で頑張ってるトップ選手の高山善広とか鈴木みのる、佐々木健介、秋山準らとほとんど同世代です。
それでそうしたオッサン選手達が20代や30歳前半のバリバリの若い世代とヘロヘロになりながらも歯を食いしばって戦っているのを見てると、まだまだ俺も頑張らねばなという気持ちになりますね。
雪の花は少数精鋭で部門部門代わりの人間はいないといっていい状態でやっていますから、熱があるとか腰が痛いなんて事も時にはありますが、そんなこんなで気持ちを奮い起こして頑張ってやっております。
ちなみに私の一番のお気に入りレスラーは、やっぱり小橋建太です。 今日のブログは少し話を脱線しました。
そう、実はこないだ川崎先生と一緒にある方にお会いして一時間半ほどお話をしたのですが、 色々と金言を頂戴いたしました。厳しい状況ではありますが、色々と打開して 行こうと思っています。
アントニオ猪木じゃないけど「迷わずいけよ、いけばわかるさ」です
posted by 池田さん at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

遅れています

どうも「ひとしずく」を担当している川崎です。諸事情がありまして、四月にはアップ予定だった11話が遅れております。近々アップしますので、ご勘弁ください!ごめんなさい!
IMG_3682.JPG
さて、私は最近、youtubeで日本まんが昔話をよく見ます。子供のころも観ていたので、始めは、ただ懐かしいなというだけの動機だったのですが、今では創作のヒントとして勉強するつもりで観ています。
特に好きなのは動物が出てくる話です。キツネやらタヌキやらオオカミやら、河童(動物?)やら可愛らしいのがたくさん出てきて、昔の日本は、人間と動物との距離が近かったんだなとほのぼの感じます。
「鶴の恩返し」に代表されるような「恩返し」ものがやはり多いようですが、中には悪ギツネや悪ダヌキを懲らしめるといった内容の話もあります。
時には懲らしめたあげくその動物を殺してしまいます。恐怖や怒りや、ストレスの爆発や悪ノリからで。
そして、相手がよっぽどのワルでないかぎり、たいがい「やりすぎてしまった・・このタヌキも生きるために仕方がなかったんだ・・・。」ということになり、墓を作ったり、あるいは、例えば「タヌキ峠」といった名称を残して、その教訓を忘れないようにします。
私はどうもそういう話が好きなようです。何か大事なことだなと思うのです。
興味のある方は、「まんが日本昔話」ご覧になって欲しいなと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=C07JK2zhwM4
では。
posted by 池田さん at 03:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

no-title

しばらくぶりの更新です。連休前は連日のビン詰め作業に追われ、連休中は春の創業祭のイベント、そして連休後は欠品の補充と慌ただしく過ごしておりました。雪の花の従業員は、みんな完全にワーカホリックです(苦笑)
うちの営業部長は「休んでる人がいるから、我々が働く事ができるんだ」と連休中に名言(迷言?)を吐きました。もはやカミカゼ管理職の権化です。
アメリカに7/24(24時間と1週間)という言葉がありますが、そのくらい仕事について考えれるというのは、実はとっても幸せで恵まれている状態なのかもしれません。
私も昨年から今年にかけて、人生で一番働いていますからね。
そう、連休中に嬉しい出会いがありました。高校時代の友人とうちの蔵にて久しぶりの再開をいたしました。彼とは長らく年賀状だけでの付き合いが続いていましたが、昔の面影を残しつつも家庭を守る男、といった表情もしていましたね。
人生どうなるかは最後まで走ってみないとわかりませんね。
私もそれまでは過去を回顧することなく全うするまでです。
posted by 池田さん at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。