2009年09月18日

ひとしずく黎明期4回目

今日は朝から来客が多い1日でした。それにしてもいろんな人がいるものです。私の前職はデスクワークで人と積極的に接する仕事で無かったので、特にこの何年か前から蔵の広報的な業務もするようになって、はからずもマンウォッチングになっています。ブログタイトルの「酒家の心理学」というのもそこから名付けました。さて、ひとしずく黎明期の4回目。私の前に立ちはだかった敵とは、部長のK氏でした。
K「そんな事して実際、酒は売れるのか?」
私「少なくともうちの知名度はちょびっとはあがるかと」
K「そうとは思えないがなあ」
私「絶対、上がりますって。前みたいにお隣さんと間違われてお客さんが酒を買っていったり、雪の誉酒造なんて名前を間違われる事はなくなりますよ」(爆弾発言・苦笑)
K「で予算は?」私「この位で」
K「高いんじゃないか?」
私「前なんか、何のメリットも無い広告宣伝費をかなり遣っていたじゃないですか。今回は将来に繋がりますよ!」(多分…)
K「どんなさ?」
私「例えば、酒にラベル展開できたり、蔵まつりやイベント毎にキャラクターをチラシに入れてうちのアイコンにしたり、他にも色々と派生して考えれるじゃないですか」
K「そんな事やってる会社あんのか?」
私「北海道では恐らく無いと思います」
K「ほれみろ」 私「(少しムキに)やってみないと分からないじゃないですか!マンガが人気が出て映画化しないとも限らないし!」
K「(失笑)」
私「(うっ、言い過ぎた…)とにかく私に戦略がありますので、どうかやらせてください」
K「そんなに言うんならやってみろ。予算は最小限にしてな」
私「絶対、日本酒業界に波風を起こしますから!期待していてください!」
と、少しはしょりましたが、部長とそんな会話をして一応の承諾を得たのでした。本当はもう少し高尚な作戦を話し合ったんですけど、それはまたの機会に。
ちなみにいま現在、業界に波風を起こすどころか、ベタ凪ぎもいいところなんですけどね。それでも私が観光客の皆さんや蔵に立ち寄るお客さんの反応をダイレクトに私が浮かべるに、じわじわとマンガもうちの蔵の知名度や認知度も着実に浸透してきている気が結構します。さて、明日は到着したマンガの状況と川崎さんの作品に決まるまでを書いてゆこうと思っています。


posted by 池田さん at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。