2009年09月06日

no-title

蔵のほんの片隅に3週間前から子猫が5匹居候していました。親猫は「ひとしずく」のマンガの6話にも登場した、真っ黒な雌野良猫。心優しき?私がパレットの下でニャアニャア泣いてるのをみかねて段ボールハウスをこしらえて1週間ばかりそこにいて「猫かわいがり」したり里親募集の貼り紙を書いたりしてましたが、昨日の夜子猫を連れて外の世界にどうやら旅立っていったようです。この辺りは川や広大な原っぱもあり、野良が生きてくのに大丈夫な環境かもしれないけど、やはり寂しいですね。映画のハチ公のように毎日蔵に通ってくれないかとも思ったりもしますが、これが正常な関係かもとも思います。明日からはまた忙しい毎日です。
200908261236000.jpg


posted by 池田さん at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。