2009年09月04日

酒のろ過

今日は酒のろ過とゆう作業を行いました。日本酒はお米からできてる関係上、熟成してゆくと酒は次第に黄色く着色してゆきます。それを活性炭などを使用して味も補正して清澄なそれこそ「清酒」になるように円盤型のフィルター濾過器を用いてろ過をするわけです。でもあまり活性炭を酒の中に投入すると味が薄っ平くなったり、逆に少なすぎると雑味が残ったりと分量ひとつ取っても経験と勘の必要な作業です。また酒の種類や新酒や熟成酒によっても、活性炭の種類や使用量が違うので、野村萬斎じゃないけど「ややこしや〜ややこしや〜」の世界です。今日は純米酒と吟醸酒のろ過でした。でも、私が手応えを感じて上手く調整した日本酒が皆さんに美味しいと言われたときは、やはり職人冥利に尽きますね。明日は酒のビン詰め作業です。


posted by 池田さん at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。