2009年09月30日

ひとしずく黎明期・その5

ひっきりなしに来客がきて賑わしい1日でした。
それに最近、出版社や新聞社の方から取材や問い合わせが多くなり、酒蔵まつりの事もあるのでしょうが、日本酒ではプチブレイク中の冷やおろしである日本酒、うちでいえば「秋あがり」に注目があるようです。
個人的な意見としては、私は「酒屋万流」とゆう言葉が好きで、これは酒蔵が千蔵あったら千の味わいの日本酒があるとゆう意味で、いうなれば「〓ナンバーワンになんてならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」って事なのですが、冷やおろしもまさにそう。色々な酒蔵の秋酒を飲んで、愛飲家のみなさまが色々な話をされたらいいのではないかと思います。人の味覚とゆうのはとても不思議なもので、これは良いと薦めてもその人の意に添わなかったり、これは私的にいまいちだなと思った酒でも「絶品だ」と褒められたり、ホント業界歴10数年の今でもよくわかりません。まだまだ、日々是勉強です。
さて、久しぶりのひとしずく黎明期の5回目ですが、マンガ募集の公募をかけてからの話の続きからです。各新聞社の全道版に載ってから、はじめのうちは「応募0だったらどうしよう」とか「もし投稿無しなら、うちのIに落書きを描かせてお茶を濁そう……うーん」とか「いや、まてよ?もしプロの漫画家が応募してきたらどうしたらよいのだ!原稿料払えないぞ!」などなど、いらぬ心配もしてネガティブになったりポジティブになったりしていたものですが、最終的には締め切りまでに10数点の応募があり、私たち企画チームもほっとしました。
応募された方の年齢によって、絵柄とゆうのでしょうか、タッチがそのままその方達の時代を反映してるのは面白いなと思いました。のらくろ風もあれば、明日のジョーみたいな作風、少女マンガやシュールな作品もあったりしました。惜しくも?線には残らなかった作品のひとつに、マジメなストーリーなんだけど絵がギャグマンガにしかみえない作品とゆうのもありまして、しばらく我々雪の花の中では話題騒然の衝撃作もありました。
そんなこんなで、選考も近づき、自分達だけで決めるのはダメだなと思うから、小樽で活躍されている人にも入ってもらい選考をお願いしようという方向も決まり、私たち企画スタッフの他に4人の方々にも加わってもらうことにしました。ですが、なかなかこれは!と目を輝かせる作品には残念ながら出会えません。そして締め切りが近づいた頃、ついにその作品が送られて来たのでした(続く)


posted by 池田さん at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

no-title

待望のひとしずく第七話がアップされました。作者の川崎さんは今回はいつになく苦心されたとのお話で、一部カラーにも挑戦されました。今話では、春海とゆう新キャラクターが登場して、また物語の奥行きが深まってきました。これからサキはどんな人と出会い、この小樽の街でどんなストーリーを繰り広げてゆくのでしょう。今後の展開からも目が離せません。
さて、ここで宣伝です。そのWEBコミック「ひとしずく」の川崎哲郎さんが蔵まつり直前の10月2日の金曜日にエフエムおたるさんに出演することになりました。日頃より彼がシャイな性格だと知っている私は、一体どのような事を話すのか、私以上に噛まないで話せるのか、実に興味津々で聞き逃せません(笑)
これを機に川崎さんにオファーをされたい皆々様は、雪の花酒造までお問い合わせくださいm(__)m
なお酒蔵まつりの2日間、当蔵3階の特設ギャラリーにて、ひとしずくの原画を展示いたします。また、写真家の、ふなせひろとしさんのギャラリーも同時開催いたします。とても素敵な小樽を舞台とした写真の数々を、是非とも多くの方に見ていただけたら私もすごく嬉しいです。
さて、写真の日本酒は吟醸原酒の「秋あがり」です。先日ついにビン詰めいたしました。アルコール度数は19度。日本酒度はプラス5です。今日蔵にひょろりと遊びにきた、酒飲みのTさんが試飲して「いままでで一番美味いんじゃない?」と言ったので結構自信がつきました。私も同意見です。まつり当日は試飲できますので、どうぞお楽しみください。売り切れ必至です。
200909291729000.jpg
posted by 池田さん at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

ラジオ出演

今日の午前中、エフエムおたるさんの番組に酒蔵まつりの宣伝として声の生出演をしました。
アドリブでふられるのが苦手で、絶対テレビのリアクション芸人なんかできないと日頃から思っている私は、前もって簡単な原稿を書いたのですが、それも噛んでしまう有様。10分ほどの時間でしたが、パーソナリティーの田口さんの機転にだいぶ助けられました。短時間での構成の組み立てや話し振り、知的で親しみやすい話し方などプロフェッショナルをみた思いです。田口さん、ありがとうございましたm(__)mマンガ
ちなみに酒蔵まつりの直前の10月2日の金曜日には、ひとしずく作者、川崎哲郎さんがエフエムおたるに出演して、気になる今後のマンガの展開などの話をする予定です。乞うご期待。
でも自分の声ってラジオなんかで聞いたりすると自分でないみたいに感じるのは何故なんだろな?
さて今週は、酒蔵まつりの売る商品や最近リキュールの売れ行きが早いので怒涛のビン詰めラッシュです。明日からまた泣きながら仕事することにします。
posted by 池田さん at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

多忙な1日

昨日までの連休中は、うちの売店も道内外の旅行客の皆さんが蔵を訪れてくださいまして、結構な賑わいでした。
このシルバーウイークの売れ筋は「辛いっしょ」と「火照り」の辛口の日本酒に、完熟梅酒でした。
秋とゆう季節的なものもあるのでしょうかね。辛口の燗酒が人気を集めています。
世間一般の休み明けの今日は、欠品間近だった山ぶどう酒やこくわのリキュールのビン詰めなど目の回るような忙しさでした。梅酒も26ケースもオーダーが入って、他にもたくさん出荷があり、終わればこの半年間あまりの1日の売上集計の記録を更新しました。嬉しい半面、ビン詰めなど色々とやらなくちゃならないのでテンパっています。明日はいよいよ、冷やおろしの新酒「秋あがり」のビン詰めです。
posted by 池田さん at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

休養日

今日はシルバーウイークで、私の唯一の休みだったので、家族と車で2時間あまりの弟夫婦がいる街まで行ってきました。
高速道路に乗ったのですが、結構車が走っていたのでふと無料化になったらもっと混雑するなと思いました。その分、お金は別の場所で消費されるだろうし、財源をどうのという話もありますが、案外それは杞憂に終わるんじゃないでしょうか?多分私を含めて、世の大部分の人は貯蓄にまわすより「宵越しの金は持たない(持てない?)」のではないかと思います。
でも、たまには慌ただしい車の旅ではなく、鉄道にでも乗ってゆっくり気ままな旅をエンジョイしたいものです……
と、ここで宣伝を。写真にもありますが、いま店頭に並んでいるこの雑誌に、雪の花酒造の酒蔵まつりの事が書かれています。今週から市内のフリーペーパーにも雪の花の酒蔵まつりの事が掲載されていますし、色々なメディアに取り上げてもらっていますので、見つけた際には手に取ってくだされば幸いです。明日からまた仕事です。頑張るゾp(^^)q
200909201453000.jpg
posted by 池田さん at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

完熟梅酒

ブログをみてくださる読者さんに言っても詮ないことですが、この頃慢性的に肩と腰が痛いです。
それでもまだ「膝に水がたまってる」とか「昼メシが思い出せない」等にはなっていないから、そこまでの老化現象は起こっていないようです。もちろん、日本酒とリキュールの味の区別もつきますので、まだもう少し、この酒蔵で働いてゆけそうです。
あっ、でもこないだテレビで観た、ファンだった時期もある「菅野美穂」の名前がどうしても思い出せないで丸1日悩んだりしてもいたから、やっぱり若年性アルツハイマーの兆候でもあるのでしょうか?…と、戯れ言はこの辺で。肩と腰の痛みの原因は実はわかっていて、最近仕事で重いものを持ちすぎていてひねったからなんです。先日、梅酒を900本ほど充填した際に四合ビンサイズで24本の箱詰めをして、それを一人でパレットに積み込んだのが致命的でした。
重量にして、およそ28キロほど。以前は酒米搬入ともなると、60キロの米俵を担いで何百袋とトラックから降ろした自分の全盛期からみたら、体力も落ちたものです。
さて、今日からシルバーウイークに突入した人も多いのではないでしょうか?雪の花売店は連休中もフル稼働。初日の本日は車の往来の多い場所に、朝方に立て看板をしにゆき、その効果もあったか、何組かお客さんが立ち寄ってくださりました。今日は5本ほど件の「完熟梅酒」が売れたみたいで、何よりです。うちの梅酒は7キロリットル入る仕込みタンクに2600キロも青梅を入れて加温して半年間以上も熟成させるので、梅エキスがたっぷりながら、かつ飲み飽きしない味わいのタイプですので、この数年間で売上も右肩上がりで伸びて、好評を頂いている人気商品です。日本酒の売り上げが横ばいな面、主力ともいってよい商品のひとつです。明日、私は休日返上で酒蔵まつりの準備をします。今日はこの辺で。ひとしずく黎明期編はまたの機会に書きます
posted by 池田さん at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。